« ヒイラギ(「柊」と言う素晴らしい漢字) | トップページ | サザンカ・ツバキ(小鳥の世界の食料事情?) »

2013年12月10日 (火)

チシマキキョウ(きっかけは、この1ショット)

Photo

つい最近、当年104歳で史上最高年齢の詩人にして童謡作詞家のまど・みちおの「人生処方詩集」の中で「たまいれ」と言う素晴らしい1篇を見付けた。
  たった 一ど
  はいったたまを

  こころが なんども
  おもいだす

  五ども十ども
  はいったみたい

一切の説明は不要。
82年生きてきて、なに一つ功なく、誇るべき成果を持たない私でも、こんな体験ならいくつか挙げることができそうだ。 例えば上の写真。 こ生意気にも、「風景や花の映像なら、心の印画紙に焼き付けて置きさえすればよい・・・」などと嘯いていた私が、節を曲げてカメラを持ち歩き始めた頃の初期の作品である。
ピンボケなどミスショットの屑の中から拾い上げた先輩が、「これはいい・・・」と言って、仲間内の作品展にだしてくださったのがきっかけで、この世界にのめり込んだ。
それ以来、もう一度玉が入るときの心のときめきを求めて、シャッターを押し続けているのだが・・・。

|

« ヒイラギ(「柊」と言う素晴らしい漢字) | トップページ | サザンカ・ツバキ(小鳥の世界の食料事情?) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111175/58732641

この記事へのトラックバック一覧です: チシマキキョウ(きっかけは、この1ショット):

« ヒイラギ(「柊」と言う素晴らしい漢字) | トップページ | サザンカ・ツバキ(小鳥の世界の食料事情?) »