« キリ(鳳凰が止まった高貴な木) | トップページ | ハナイカダ(葉っぱの筏に乗った花) »

2007年6月12日 (火)

オオヤマレンゲ(天女の花)

Ooyamarennge始めて大台ケ原山に登ったのは昭和22年だった。その後、京阪神に勤務するようになって、一時期、集中的に大峰山系と周辺の山を歩いたが、入梅前のこの時期には、オオヤマレンゲが美しい花を咲かせて出迎えてくれたものだった。

ところが、最近は鹿の食害で、花が殆んど見られなくなったと聞き、心を痛めている。

山で見る高貴な花と言えば、草本ではヤマシャクヤク、樹木ならばオオヤマレンゲだろうか。 わが国の中部山岳地帯から、四国・九州・屋久島まで、中国では華南の亜高山に分布するこの花の木を、「天女花」と呼ぶと聞き、さすが文字と詩の国だと感心させられた。 花に顔を寄せると、ほのかにスイカに似た香りがするのも好もしOoyamarennge_1 い。

6月初、六甲山頂を周遊して、地獄谷を神戸電鉄大池駅に下る途中で六甲高山植物園に立ち寄り、お目当てのオオヤマレンゲの花の盛りに出会って、清楚な花を心行くまで観賞うことができたが、ちょっと心に掛かったのは、私が山で出会った花は、すべて花芯が黄味を帯びていたのに、植物園の花芯が赤いことである。 解説書でも、基調は黄だが赤いものもあると言う記事と、赤が一般的で黄色の変異があると言う記載があって、判然としない。

日本森林技術協会編「森の花を楽しむ101のヒント」で、植田邦彦氏が「オオヤマレンゲは平地で栽培するのが困難だが、朝鮮半島から中国東北部に生育するオオバオオヤマレンゲが旺盛な大低木(雄しべが濃紅色)で、栽培が容易です(中略)専門家すら長らく誤解していました」と述べておられるのを発見し、最近は、この説に傾いている。

|

« キリ(鳳凰が止まった高貴な木) | トップページ | ハナイカダ(葉っぱの筏に乗った花) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オオヤマレンゲ(天女の花):

« キリ(鳳凰が止まった高貴な木) | トップページ | ハナイカダ(葉っぱの筏に乗った花) »