« ニワフジ(英名は器量の良いインディゴ) | トップページ | ノハラナデシコ(ダイアンサスの原種の一つか) »

2005年6月 1日 (水)

セイヨウノコギリソウ(ハーブ界のスーパー植物ヤロー)

seiyounokogirisou1 この平凡な帰化植物を「セイヨウノコギリソウですよ」と話しても、余り関心を示さないご婦人に、「これが万能ハーブのヤローです」と話すと目の色を変えて「どこに、どこに」とおっしゃる。

ヤローは、ギリシャの英雄アキレスがトロイ戦争で負傷した兵士の止血に用い、中国の秦の始皇帝が自分の行く末を占うのに使ったと言う伝説のハーブで、薬としての効果の範囲は、骨・関節・肝臓・脾臓・胆嚢・肺・前立腺・睾丸・子宮・甲状腺など人体の殆どの部位の病に及び、葉を噛むだけで歯痛が止まり、虚弱体質・アレルギー性の花粉症に至るまで、とどまる所を知らず、いずれもその効果は抜群だと言うから驚かされる。

更には、1枚の葉っぱで手押し車一杯分の堆肥の原料の分解を促進し、この植物を庭に植えて置くだけで、周りの植物を活性化するばかりでなく、病虫害を予防する。若い葉は「茹でる・炒める・煮る」どの調理方法にも適し、生でサラダ・リキュールの香り付け、乾燥して、風邪の予防・消化不良・体内浄化に効き目のあるハーブティのほか、入浴剤・ポプリ・ドライフラワー・草木染の染料にに利用し、スエーデンでは「フィールド・ポップ」と称して、ビールの醸造に使った。

愉快なことに、ヨーロッパでは、「この草を枕の下に敷いて眠れば恋しい人の夢を見る」と真剣に信じていると伝え聞くが、これだけ有用な植物が、都会の真ん中の川の土手に無造作に生えていて、誰一人足を止めることがないのも不思議と言えば不思議である

|

« ニワフジ(英名は器量の良いインディゴ) | トップページ | ノハラナデシコ(ダイアンサスの原種の一つか) »

コメント

窒素ラジカルの方にコメントしたけれど、送信できませんでした。テロの社会現象化をどう考えるか、聞いてみたかったのですが。しかし、今年のこちらのあじさいは無惨でした。なにしろ雨がまったく降りませんでしたから。これからは異常気象が恒常化することになるかも知れませんね。京都批准書はどこえやら、どこもかしこも経済成長の掛け声ばかりで、嘆かわしいことです。

投稿: kuromura | 2005年7月15日 (金) 16時04分

先日はカタカゴの花の写真を送っていただき有難うございました。
今朝NHKーTV「趣味の園芸」で「クロッカス花図鑑」を見ましたが、貴兄の花便りにクロッカスを取り上げたものがあれば日時など教えてくださいませんか。クロッカスは春の訪れを知らせる花で私が引っ越し前の家の庭で毎年楽しんでいた花です。   よろしく  以上

投稿: 奥村 寿一 | 2010年3月21日 (日) 10時43分

凄いですね。(゚ー゚)

投稿: | 2012年7月 2日 (月) 17時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111175/4366617

この記事へのトラックバック一覧です: セイヨウノコギリソウ(ハーブ界のスーパー植物ヤロー):

« ニワフジ(英名は器量の良いインディゴ) | トップページ | ノハラナデシコ(ダイアンサスの原種の一つか) »