« ムラサキカタバミ(花の世界にも市場原理が・・・) | トップページ | トキソウ(高層湿原に相聞歌が聞こえる) »

2005年6月26日 (日)

ハンゲショウ(半夏生か半化粧か)

hanngesyou  半夏生が近づくとハンゲショウの花の周りの葉が白くなる。 ドクダミ科ハンゲショウ属のハンゲショウは不思議な植物で、ドクダミと同様に原始的な花は花弁を持たず、花序に向かい合う葉の一部が花弁の代わりに白く変色するが、それもカタシログサの異名の通り中途半端で、化けそこなった狸の半化粧と言った一種独特のとぼけた味がある。

その名前の由来を調べると「半夏生の頃に花が咲くからハンゲショウと言う」、「ハンゲショウの花が咲く季節を半夏生と言う」の二つの説があって、「卵が先か鶏が先か」の論争に似ていて捕らえどころがないが、半夏生と半化粧を掛けた古人のネーミングには頭が下がる。

いずれにしても、半夏生は八十八夜・入梅・二百十日などの七十二雑節の一つで、夏至から11日目に当たり、「この日をもって梅雨が終わる」「天地に毒気が満ちて毒草の半夏(サトイモ科のカラスビシャク)が生える」「農家では田植えが終わって田(サ)の神を送る日」「関西では食養生のため蛸を、福井では丸焼きの鯖を食べる日」など民間伝承を列挙してみると、梅雨も終わりに近く、真夏の猛暑を迎える区切りの日というニューアンスを含んでいるようだ。                                                                                                             hanngesyou

その1年で一番うんざりさせられる季節に咲くハンゲショウは、田植えを終わったばかりの田の面を吹き渡る一陣の風のような爽やかさを感じさせてくれる花である。北米原産のアメリカハンゲショウは花穂が大きいが、葉は白くならない。

|

« ムラサキカタバミ(花の世界にも市場原理が・・・) | トップページ | トキソウ(高層湿原に相聞歌が聞こえる) »

コメント

花便り拝見いたしました
丹念に撮影されていて解説も含蓄のあるもので感服いたしました
これからも時々アクセスしたいと思っております
当ホームページにもリンクを張らせいただきたいと存じます

投稿: 佐藤 行夫  | 2005年7月 6日 (水) 22時33分

もうすぐ今年ヴァージョンがアップされるのかもしれませんが、もともと半夏生を検索して、こちらに辿りつきました。
一昨年の秋に現在の住居に引っ越しまして、草花も樹木も昨年は元気がいまひとつでした。悲しいくらい半夏生も緑色のままで…。それが今年は、白くなりつつあるのに昨日気づき、大喜びなのです。
そして、今日は夏至ですね。

投稿: こおり | 2006年6月21日 (水) 09時12分

初めてコメントしますよろしく。香川では半夏生にウドンを食べるのが一般的な風習です。
その日はM百貨店の前で毎年ウドンの無料サービスがあり、それを楽しみにしている常連さんもいます。 (勿論さぬきウドンです)

投稿: ノンちゃん | 2006年10月 6日 (金) 21時47分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハンゲショウ(半夏生か半化粧か):

» 半夏生 [「東京弁は感染るんです」のBlog]
夏至から数えて11日目の今日は半夏生(はんげしょう)。 (現在では天球上の黄経1 [続きを読む]

受信: 2005年7月 2日 (土) 06時56分

« ムラサキカタバミ(花の世界にも市場原理が・・・) | トップページ | トキソウ(高層湿原に相聞歌が聞こえる) »